テニススクールに通う90%以上のテニス愛好家が知らない真実とは?
振り遅れの本当の原因‐初めての方へ‐                                      
ホーム 初めての方へ Who is 小林 正徳? 体の痛み、各ショット、ゲーム、メンタル、フットワークなどの『お悩み回答集』 クリニックを体験された、教材を実践された、試合結果報告などの『お客様の声』 テニスドクター正徳の『教材・クリニック』 テニスドクター正徳に『質問・お問い合わせ』
            
                                                                    サイトマップ
ホーム  初めての方へ ⑤目標とミッション(使命)   ⑥特徴

⑥テニス相談.comの特徴

  テニス相談.com では、一般のテニススクールやテニス雑誌とは異なり、
  悩みやミスの原因となっている根本(本質)を追求しています。

   ですから、悩みの解決方法がこれまでの常識とは違うことが多々あります。

   たとえば、ストロークで相手のボールに振り遅れたとします。

   その場合、振り遅れた1番の原因は何だと考えますか?

   おそらく「ラケットの準備が遅いから」、「テイクバックが大きいから」のどちらかを答えられる
   のではないでしょうか?

   残念ながら、多くの方のミスの原因となっている根本(本質)は、そこではありません。

   根本(本質)は、ラケットを振り出すタイミングにあるのです。

   「え?ラケットの準備じゃない!?ラケットの振り出すタイミングを変えましょう。だなんて、コーチから
   1度も言われたことがない。」なんて思った方も多いのではないでしょうか!?

   ですが、実際はそれを掴むことが振り遅れをなくすポイントとなるのです。

   この本質を理解してもらうために、テニス愛好家がストロークを打ちにいくと、どうして振り遅れが起きて
   しまうのかについて、その理由を3つほど説明していきます。
  
   1つは、人はラケットの長さに慣れていないため、手でボールを掴める位置に準備してしまう傾向が
   強いから


   もう1つはスピードのあるボールが飛んでくると、どうしてもボールの勢いに負けまいとしてしまい、
   ボールの後ろに準備をしてしまうから


   最後の1つは、1球を丁寧に打とうとすると、心理的にボールをコントロールしようとするため、ボール
   に近づきすぎてしまうから


   テニス愛好家の方なら、このような経験をされたことがあるのではないでしょうか?ボールとの距離が
   近づきすぎると、どうなりますか?

   当然、ラケットを振り切りづらくなります。

   実は、これが多くの方の振り遅れが起きている根本原因なのです。

   しかし、コーチからアドバイスされることは「○○さん、ラケットの準備が遅いですよ。もっと早く
   準備してください。」であったり、「○○さん、テイクバックをもっと小さくしてください」と言われる
   のです。
   
   確かに、ラケットの準備を早くすることであったり、テイクバックをもっと小さくすることというのも、対処法
   として完全に間違っているわけではありません。

   ですが、それらを意識してみたところで、根本原因であるラケットを振り出すタイミングが掴めないことには、
   いつまで経っても振り遅れの問題が解決しないのです。

   そうなると、アドバイスされている側は、どのようになると思いますか?

テニス愛好家の多くが陥ってしまう状況
   と、なってしまうのです。

   私自身も学生の頃は振り遅れの解決方法が「ラケットの準備」や「テイクバック」にあると思っていたので、
   同じミスが続くことに悩まされて自信をなくした経験があります。

   ですので、このような状態に陥ってしまう気持ちも、本当によくわかります。

   しかし、「ラケットの準備を早くすれば、振り遅れない。」、「テイクバックを小さくすれば、振り遅れない。」と
   いう考えは、30年前の指導方法に書かれている対処方法の1つであって、決して振り遅れる根本(本質)
   を捉えた対処方法になっていたわけではなかったのです。

   そのことにある時、気付いたのです。

   その根本原因がわかり、正しい対処方法をとるようになってから、私は振り遅れには全く悩まされなく
   なりました。

   そして、その対処法を使って、多くの生徒からデータを集めました。

   それにより、ラケットを振り出す正しいタイミングを掴んでもらいさえすれば、ラケットの準備を遅くしても、
   テイクバックを大きくとっても振り遅れをしないで打てるという結果が出たのです。

   このように、悩みとなる根本原因を指導する側が追及していないために、生徒側は何度も同じミスが
   起きていることが多々あります。

   つまり、テニスコーチは「振り遅れ=ラケットの準備が遅いorテイクバックが大きい」という知識しかないが
   故に、その対処方法しかアドバイスが出来ないのです。

   振り遅れを例に挙げましたが、このようにテニス相談.com では、悩みやミスの根本原因(本質)を
   追及してきているため、それらをきちんと知ることができます。


   更に、あなた自身で問題を解決する方法まで知ることができるため、同じ悩みに対して、いつまで
   も悩み続けることほとんどありません。

   つまり、あなたの悩みをすぐに解決できることになります。
   
   そうなれば、あなたは当然、今までに実感したことのないくらいのスピードで劇的に上達
   することにもなるのです。

   今まで悩みがあるのに、解決できなかったというあなたや、大きな悩みを抱えているという
   あなたは、このテニス相談.com を最大限活用してください。

   無料回答集は、 こちらをご覧ください >>>

                     お悩み回答集

   教材に関しては、こちらをご覧ください >>>

  ダブルフォルト克服プログラムテニス肘克服プログラム




< ⑤テニス相談.comのアクションと目標    ⑦これからのアクション >

                                                       
                                                        1Dayクリニックはこちら!

l ホーム l 初めての方へ l Who is 小林 正徳? l お悩み回答集 l お客様の声 l 教材・クリニック l 相談・お問い合わせ l       サイトマップ
テニス相談.comロゴ
~悩みを克服する歓びをあなたへ~
Copyright c2010-2017 tennis-soudan.com All rights reserved.