テニススクールにおける実状とは?
テニススクールにおける実状‐初めての方へ‐                                      
ホーム 初めての方へ Who is 小林 正徳? 体の痛み、各ショット、ゲーム、メンタル、フットワークなどの『お悩み回答集』 クリニックを体験された、教材を実践された、試合結果報告などの『お客様の声』 テニスドクター正徳の『教材・クリニック』 テニスドクター正徳に『質問・お問い合わせ』
            

ホーム  初めての方へ ②テニスドクターとは? ③Who is 小林 正徳?   ④設立の背景

④設立の背景

   このようなサイトを設立したのには、3つ理由があります。

   まず1つは、
  どのようにしたら、テニス愛好家でも簡単にプレーが上達するのか?
  を具体的に指導できる人間が日本のテニス界にはいない


   そして、2つ目は
  テニス愛好家の気持ちを本当に理解しているテニスコーチが
  少ない


   最後となる3つ目は、
   悩みを解決できなくて困っているテニス愛好家を本気で救いたい
   
   私、正徳がテニス相談.com 設立を決意した3つの理由、どうしてもあなたに知って欲しいのです。
   1つずつ理由を詳しく説明させて頂きます。かなりの長文ではありますが、ぜひ最後までお付き合いください。


テニススクールの実状(その1)

  
テニス愛好家の方のほとんどは、“テニスが上手い=プロ選手や元プロのコーチ=教えるのが上手い”
   と思っている方が多いと思います。

   しかし、それは間違っています。

   S級コーチの資格を持つ数少ないエリートコーチや上級コーチの資格を持つコーチ、海外の資格を
   持つコーチ、テニススクールで指導しているプロコーチなど、様々なコーチ
がいますが、そのコーチ
  たちは
テニス愛好家を指導するスペシャリストではないのです。

   そのコーチたちの試合での戦績はもちろんのこと、努力の量や知識の豊富さ、経験値、指導力は素晴らしい
   という事実は認めます。

   それだけでなく、テニスの普及活動に力を入れられている部分も素晴らしいと思います。

   しかし、テニス愛好家のどのレベルにでもわかりやすく、具体的に指導できることと、それらのことは全く結び
   つきません。

   よく考えてみてください。

   1つ例を挙げますが、読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋 茂雄氏の指導方法で有名なのが、『ビュッ
   とやって、バーンとやればいいんだ。』という抽象的でわかりづらい指導方法です。

   わかる人にはわかるかもしれませんが、一般の素人がそんな説明を聞いても理解できませんよね!?
   (苦笑)

   ここまで極端なコーチはさすがに少なくなったかもしれませんが、このようなことがよくテニスの世界でも
   起きています。

   では、 どうして抽象的なアドバイスしか出来ないコーチが出てきてしまうのでしょう?

   それは、根性論の指導方法で学習してきてしまっているコーチたちばかりだからです。

   プロ選手や元プロのコーチ、スクールのコーチは、ジュニア時代から何万球、何千万球という数の
   ボールを
打ち、血のにじむような努力を毎日繰り返し、頭ではなく、感覚的に身に付けてきました。

   ということは、プロ選手や元プロコーチ、その他大勢のコーチたちは、どのようにしたら出来るように
  
なったのかがほとんどわからない状態なのです。

   つまり、時間と労力をかけ、感覚的なものとして様々なテクニックを身に付けてきたのです。

   それを大人になってから表現しようとしても、なかなか具体的に説明できるものではありません。その
   代表的な例が自転車です。

   幼少時代、自転車に乗れるようになってしまった方が、どのようにすれば自転車に乗れるようになるのか?
   を、大人になってから乗れない人に対して具体的に指導することは、とても難しいはずです。

   これと同じことがテニスを教わる時に起きているのです。

   それが理由で、テニススクールでコーチからアドバイスされても、思うように出来るようにならないのです。

   とは言うものの、テニスコーチの中にはテニススクールに通う愛好家に上達してもらえるよう勉強している
   方も実際には存在します。

   それにも関わらず、どうしてテニススクールに通う愛好家たちは、思うように上達が出来ないのでしょう?

   その理由は・・・
テニススクールにおける悲しい事実

   今、日本のテニススクールのほとんどがベースとして使っている指導方法は、30年前にアメリカ人が持って
   きた指導方法を日本流にアレンジしたものなのです。

   30年前のラケットやシューズと現在のこれらを比べると、デザインだけではなく、最新の運動力学や科学
   データに基づいた形状や素材、重量になっていますよね。
  
   道具が進化したことにより、テニスボールのスピードが昔よりはるかに速くなっているのは皆さんも既に
   ご存知のことと思います。

   もう、お気づきですね。

   今現在、30年前のラケットとシューズでテニスを楽しまれている方は、いらっしゃらないはずです。

   それにも関わらず、今でも勉強しているコーチの指導方法とは、未だに30年前の道具を使う前提の
   テニスの教え方が「伝統的な指導方法」が大きなベースとなっているのです。つまり、そんな昔の
   伝統的な指導方法をベースに指導してしまっているのです。

   ボレーを例に挙げてみましょう。

   “ボレーは横向きで打つのが正しい”と教わりませんでしたか?またスクールでコーチからの球出し
   ボレーの練習をするときに「ボレーの準備をしてください」と言われて、横向きになったと思います。

   そして、ボレーのスイングは“外側から内側”とするのが正しいとスクールでは教わるでしょう。

   しかし、世界のトッププロを見てください。世界のトッププロがそのようボレーしていますか?

   全くしていないことがわかると思います。残念ながら、上記の教え方をするコーチやスクールは
   指導方法があまりにも時代遅れです。

  
   現在のラケットやシューズを使ったテニスでは、もっとシンプルに楽にボレーができるのです。

   では、どのようにボレーしたらいいのでしょう?

   ボールが自分の右斜め前方に来ているのであれば、右斜め前方を向いて打てばいいのです。
   つまり、ボレー時の体の向きは、動いている方向を向いていることが正解です。そして、スイングは
   “内側から外側”とするのが、正しいスイングの仕方になります。

   このような指導方法が現在、世界のトッププロも実践している最先端の情報なのです。

   その最先端の情報を私自身がどうして知っているのかと言うと、日本のトッププロコーチである丸山 薫氏
   から実際に指導してもらっているからです。

   現在、私は丸山 薫コーチの指導を毎週プライベートレッスンを受け、世界のプレーというものを
   学んでいます。そこで学ぶ理由は、最新の情報を自分自身が実際に会得することで、どのように
   したらそれらが出来るようになるのかが具体的にわかると考えているからです。


   ですので、
   私自身が出来るようになったことであれば、テニス愛好家の方でもわかりやすい表現まで具体的に
  
落とし込んで、お伝えすることが出来ます。

   そして、
   私はジュニアやプロの選手たちと違い、すぐに体で表現することが出来ない(頭で理解しないと

   プレーで表現することが出来ない)タイプであったため、常に“どうして出来ないのか?〈原因〉”
   と、“どのようにしたら出来るのか?〈具体的な方法や対策〉”を考えてプレーしてきました。

テニスドクター式理論

   それだけでなく、マイテニスという会社で
   2万人以上のテニス愛好家に、“シンプル&ナチュラル”という視点から
  “よりわかりやすく・より自然な状態で”プレー出来るポイントを指導してきた
  という実績があります。


   つまり、現在の世界基準のテニスを、誰よりもわかりやすく、より自然な状態でプレー出来るまで持っていく
   ことが出来るということです。

   では、どうして今までのテニス界には、私のような人物が現れなかったのか?

   その理由は全部で3つあります。

テニススクールにおける実状(その2)

   1.最先端のテニスを指導してくれる指導者から、直接テニスを学ぶことが出来ない

   日本のトッププロコーチが、一般のテニスコーチを毎週自分だけのために時間をかけて
   見てくれることなど、ほとんどありません。

   それもそのはず、日本のトッププロコーチは忙しいですし、一般のテニスコーチとの接点など
   ほとんど持っていないからです。

   2.指導を受け続けるだけのお金が続かない

   年齢が高くなれば、結婚をします。 そして、子供も生まれます。 生活するだけでも一苦労です。

   そんな状態にも関わらず、高い金額のレッスン代を払ってまで、日本のトッププロコーチから毎週
   テニスを見てもらおうと考える人間が、どれだけいるでしょう?

   おそらく皆無に等しいです。

    3.テニス愛好家の上達のために、本気で情熱を持って取り組んでいるテニスコーチが
     ほとんどいない


   ジュニアの上達のために、本気で情熱を持って取り組んでいるテニスコーチは数多くいます。
   しかし、テニス
愛好家の上達のために、本気で情熱を持って現在も取り組んでいるテニスコーチは
   ほとんど皆無に等しい
です。

   とはいうものの、最近になってテニス愛好家に向けて情報を発信されるテニスコーチも少し増えました。

   その多くは、実際にお会いしたことがある方たちばかりです。

   その方たちは、テニス愛好家の上達のために情熱を持って整体や(古)武術の要素を取り入れることや、
   トッププロの動きを分析し、それを独自の理論に落とし込だものをでテニス愛好家にお伝えしています。

   そのようにして、テニス愛好家に対してサポートをしています。

   私自身も体の運動メカニズムであったり、解剖生理学、トレーニング学、運動生理学、スポーツ心理学、
   武術などを勉強し、それらを取り入れているので、それ自体は素晴らしいことだと十分理解しています。

   ですが、あくまでもテニスはテニスです。

   それが本質(主)であって、他は補助的な要素(従)であるだけでいいのです。

   ということは、テニスの指導者はテニスを超一流の指導者から学び続け、自分自身が出来ることを
   増やし、より具体的にテニス愛好家の方たちにもわかりやすい形で伝えられるよう日々努力し
   続けることが大切であると、私は考えます。

   しかし、現在そのようなことをしている人は、0に近いと言っても過言ではありません。

   そういう部分から考えると、昔のテニス界は、“木を見て森を見ず”という状態ではありましたが、最近の
   勉強している少数派のテニスコーチの傾向は、“森を見て木を見ず”になってきているようにも感じます。

   “木を見て森も見ること”、“森を見て木を見ること”、この2つを追及していくことが大切です。

   つまり、
どちらかが大事ではなく、両方が大事である
   の2つは、切っても切れない関係であると私は思うのです。

   そういう視点で考えると、今もテニス自体に情熱を持ち、自分自身がテニスを続けながら、実際に最先端の
   テニスを身に付けつつ、それを出来る限りわかりやすい形に変えて表現できるレベルまで落とし込み、更に
   他の側面からもアプローチしているような人間は、現れにくいことがわかります。

   今まで挙げてきた全ての要素が原因となり、テニス愛好家にとって本当の意味で必要となる
   テニスコーチが現れることがなかった
のです。

   だからこそ、私が立ち上がることにしました。

   私には悩みが解決しないで苦しんでいるテニス愛好家を救いたいという強い想いがあります。

   そして、その想いだけでなく、6年前から日本のトッププロコーチである丸山 薫コーチに直接指導を
   してもらえるようになったことで、具体的にトッププロの体の使い方の仕組みや動きの仕組み、
   考え方の本質まで掴むことの出来る環境があります。


   更に、アドバイス通りにプレーすることが出来なくて苦しむ経験を、あなたの代わりに私がしている
   ので、どの要素が実際は足りなかったから出来なかったのか?や、どうやったら出来るのか?を
   具体的にアドバイスすることも出来ます。


   つまり、今の世界の最先端となる
己が体験しているからこそ成せる
   のです。

   そのようなパイプ役に私がなることで、テニス愛好家に5つのメリットがあります。

嘘のような本当の話し

   それをあなたに体感していただき、今まで以上にテニスを楽しんでいただくことが出来たら嬉しい限り
   です。

   これが、このサイトを立ち上げることにした1つ目の理由です。


テニススクールにおける実状(その3)

   現在、テニスコーチにはテニスのプロ選手を育成した超一流のプロコーチから、テニススクールで働くプロ
   テニスコーチまで、様々なテニスコーチが存在します。

   しかし、そのテニスコーチたちがテニス愛好家の気持ちを本当の意味で理解しているのか?という
   ことを考えると、私には疑問が残ります。

   何故なら、ほとんどがアドバイス通りに体で表現できる人間だったからです。

   こんなことを言うと、プロ選手や元プロ選手で有名なコーチの中にも、『アドバイス通りに出来なかったし、
   才能が自分にはなかった。』という人が出てくるかもしれません。ですが、それでもプロ選手のレベルに
   まで行けているのですから、そんなレベルの人が本当の意味でテニス愛好家と同じレベルに立ち、
   同じような苦しい気持ちを理解できているとは、さすがに思えません。


   この苦しみは、それを味わった人でないと、絶対にわからないはずです。

   例えば、あなたはカラオケ好きですが、音痴です。何とかしたいと本気で悩んでいたとします。

   絶対音感の人や、プロの歌手に相談できる機会があったとしても、相手はその悩みの深さや
 
  落ち込む気持ちを本当の意味でわかるのか?ということです。

   その状況に置かれてみないことには、なかなか理解することが出来ないはずです。

   これをテニスに置き換えてみてください。

   元プロ選手である有名なテニスコーチが、テニス愛好家の気持ちを本当に理解できているのでしょうか?
   ジュニア時代からひたすら走り、ひたすらラリーをし、ひたすらサーブの特訓をするなどをした結果、プロ選手
   への道に繋がったはずです。

   『練習メニューを何度も何度も繰り返すことで身体に覚えこませる』という、感覚的にテクニックを
   身に付けたプロ選手が、テニス愛好家と同じ目線で考えることは、さすがに難しいと私は思います。

   しかし、私にはテニス愛好家と同じ苦しみがわかります。

   何故なら私は、一般的なコーチとは異なりジュニアの頃からテニスをしていません。テニスを始めたのは
   大学入学後と一般的なコーチに比べはるかにスタートが遅かったせいなのです。

    『小林さん、もっとリラックスして打ってください』。 『最後まで振り切って打ってください』。 『的を狙って
   打ってください』。 『まだ出来ていません。意識しないと出来ないですよ』 などなど・・・。
 
   できないから何度も言われ続けました。言われたアドバイスを頭で覚えても身体が思うように動かず、
   内容によっては全く出来なかったこともありました。

   テニスを始めた頃は、テニスコーチからのアドバイス通りに出来ないことが多く、いっそテニスを辞めて
   しまおうか・・・と何度も思った程です。

   だからこそ私には、言われたアドバイス通りに出来ず、同じところでミスをしてしまうテニス愛好家の悩みや
   悔しさ、なんとかして上手になりたいと思う気持ちが本当の意味でわかります。

   スポーツ界には名選手、名コーチならずという言葉がありますが、本当にその通りだと思います。
   
   その証拠と言ってはなんですが、ある有名なプロが指導しているレッスン場面を私のレッスンを受けて
   いる生徒さんと見ていた時のことです。

   『しっかりと的を狙って打ってください。意識をきちんと的に向ければ、想いは伝わります。その
   想いがボールを思ったところに飛ばすんです。』
とコーチが自信満々に生徒にアドバイスしました。
   
   あなたはこのアドバイスで「なるほど!」と、具体的に上達できる手応えを感じられましたでしょうか。

   ジュニアであれば、それでも納得させられるかもしれませんが、大人は納得しないと思います。その指導を
   見た私のレッスンを受けている生徒さんが一言、『想いだけで伝わったら、コーチとかスクールなんて
   いらないし、ダブルフォルトしないハズだし、俺、とっくにプロになってますよね(笑)』と笑ってしまって
   いたくらいですから。

   そのような感覚的なアドバイスで、テニス愛好家が上達することは難しいのです。

   また、きっとアドバイスした方は、自分が感覚的にテニスを覚えた派だから感覚でしかアドバイスできない
   事実に気づいていないのでしょう。
   
   だからこそ、優秀とされるテニスコーチですらテニス愛好家の気持ちを理解できていないと私は考えます。

   それ自体もわからないのですから、優秀とされるテニスコーチですらテニス愛好家の気持ちを理解できて
   いないのです。

   また、本人いわく、『感覚的なアドバイスを論理的なアドバイスにしたノウハウを使い、テニス愛好家
   に伝えている』と唱える有名な元プロ選手のコーチもいます。

   そのコーチの指導は、様々な発想や表現方法自体には独特の面白さはあります。が、あくまでも
   選手としての視点からでしか具体的に表現出来ていないのです。

   これではテニス愛好家が理解したり、身体の動きに即、反映させるのは困難でしょう。

   例えば、ストロークを例に挙げましょう。

   『ボールのところまで早く動きましょう。そうすれば、ストロークが安定します。』
   
   ボレーであれば、
   『準備を出来る限り早くしましょう。もしも、フォアに構えてしまってバック側にボールが来たら、
   フォアボレーで打ち返しましょう。』
と言ったアドバイスです。

   このようなアドバイスを受けた経験のあるテニス愛好者のみなさん、理解できましたか?悩みが解決した
   でしょうか?

   『確かにボールのところに早く動けるならいいけれど、それが出来ないから困っているんだけど・・・。』で
   あったり、『フォアボレーで構えて、バックボレー側にきた球を打つだけの瞬発力がない・反応速度が遅い
   から出来ない・・・。』悩んだままで解決できなかったと私は思います。

   そうです。具体的な表現でアドバイスをするには、言葉が足りないはずです。
   私正徳が、この内容でアドバイスをするのであれば、こう言います。

   『ボールのところまで早く動くには、相手のボールを判断する判断力を身に付けなければなりません。
   
それを身に付けるには、相手の打ち方がどんな打ち方をしているかに注目する必要があります。
   
そして、バウンド後にどう弾むかを把握しなくてはいけないのです。それがわかったら、なるべく
   大股でボールの近くまで近づいてください。』

   
   みなさんは先ほどのコーチのアドバイスと私のアドバイス、どちらの言葉が理解しやすいでしょうか。
   きっと私のアドバイスの方が理解しやすいはずです。

   何の為にこのメニューをするのか、これを身につけるとこうなります。
   と、具体的に落とし込んで伝える必要があると私は思う
からです。

   会社の仕事でも同じではないでしょうか。具体的な目標、目的、ターゲット、方法などが伝えられないまま
   「とにかく気合いを入れて早くやれ。結果を出せ」と言われる職場よりも、仕事の情報が正しく伝われば
   伝わる職場ほど、目標に対し結果が出るまでの仕事の効率はグッと上がるはずです。

   ボレーに関してのアドバイスも、私であればこうアドバイスをしています。

   『もしも、瞬発力がない・反応速度が遅いのであれば、無理やり準備を早くする必要はありません。
   
わかりやすく言うと、フランス料理を食べるのに箸を準備してしまい、慌ててナイフとフォークに持ち
   かえようとしたら誰でも失敗しますよね!?それと同じです。
大事なことは、ボールがネットを越える
   くらいまでに、どちらに飛んできているのかを判断してから準備をすることです。
そうすれば、気持ち
   自体も慌てることなく落ち着いて準備が出来るようになる
と思います。』

   
   何度も言いますが、コーチが「とにかく走れ」と言えば走るジュニアの子供や、身体に感覚を覚えこませる
   プロテニス選手向けのアドバイスではありません。

   プロフィールのページでも書きましたが私自身、テニスを始めたのが大学入学後です。当時のコーチの
   アドバイス通りに体現できず、色々悩んだこともあります。

   悩みながら私なりに理論を導き出し、大手のテニススクールでは短期間で評判を呼ぶ結果を残した正徳が
   考える上達のコツは「テニスを上達させるためのレッスンは量より質」です。

   つまり、
量よりも質が大事!
   のです。

   だからこそ私は、テニス愛好家のみなさんの立場になってもっと分かりやすいアドバイスをしていかないと、
   出来るようにならないのでは?と考えるのです。

   それなのにも関わらず、断片的・感覚的なアドバイスばかりで思うように上達せず、深く悩む方が数多く
   いらっしゃることでしょう。。

   今現在、私のレッスンに参加されているお客様の話です。

   以前は元プロ選手のコーチが教える大手スクールや有名コーチと呼ばれる所で、何年も指導レッスンを
   受けても出来るようにならなかったそうです。

   最終的に、『もうテニスでは上達できないかもしれないから、辞めて他のスポーツでもやろうかな!?』
   という手詰まり状態になってしまったという人・・・。実は何人もいらっしゃるのです。

   つまり、上達したいのに悩んで悩み続けた末、私が指導するレッスンに流れ着き、そのまま固定化される
   方が数多くいらっしゃいます。
 
   そして、私のレッスンを受けた途端、悩みが解決した、出来るようになったと本当に喜んでくださいます。

   「出来るようになるから、上達を実感できるから正徳さんのレッスンだけをずっと受けます!」と言って
   くださいます。

   私のレッスンをご本人が実感されるだけでなく、周りの参加者の上達ぶりや悩みを吹っ切る笑顔を見た方
   に、こう言われました。

   『正徳コーチのところは、“テニスの駆け込み寺”ですよね!』。

   では他のスポーツ界のコーチはいかがでしょう。

   北島康介を育てた平井伯昌コーチや横峯さくらを育てた横峯パパ、亀田兄弟を育てた亀田パパを例に
   挙げてもわかるように、元有名選手ではない無名のコーチたちが名選手を育て、有名コーチとしてスポット
   ライトを浴びる機会も増えました。

   世間はひと昔前よりも“名選手、名コーチならず”が浸透してきてはいます。しかし、今の日本のテニス界
   では“名選手=名コーチ”というイメージを抱いてしまう人が、まだまだ多いのが現状です。
   
   元名選手コーチのレッスンの方が、球出しのボールがいい、カッコイイサーブを見本で見せてくれる、という
   考えをお持ちの方もいるかもしれません。

   何度も言いますが、名選手=名コーチであるとは限りません。
   
   球出しの技術の高さは、ある程度の技術で安定して球出しをすれば、元選手である必要はないのです。
   (この球出しに対し、安定した技術を持つコーチがあまり多くないも、昔のイメージを打破できない現状の
   ひとつかもしれませんが。)
   
   カッコイイサーブを見本で見せるのはデモンストレーションでしかありません。そう、見せるだけではレッスン
   とは呼べないのでしょう。
   
   元プロであろうが、キャリアが短かろうが、テニス愛好家に指導レッスンをするコーチであればこそ、
   『生徒としてレッスンに参加しているみなさんが、分かりやすい内容や理解しやすい順番で具体的な
   言葉と方法で伝えるべき』です。
   
   そして、その指導内容を生徒である“みなさんがちゃんと出来るようにならなければ、レッスンの意味が
   ない”
と考えます。

   大切なことは、
指導者として“あるべき姿”

   これらを踏まえ、テニスコーチとして指導の現場であるテニスコート立つことではないでしょうか?

   私はこの大切なことを常に考え、努力をしています。そして私をコーチに指名してくださった方々の長年の
   悩みを実にシンプルなまでに解決し続けています。
   
   なのに回りを見ても、今までテニスが上達するためにどんなアドバイスをされたのかと私のお客さんから
   話をだくさん聞いても私のようなコーチがいないのです。
   
   だからこそ、このテニス相談.comを私が立ち上げることにしたのです。

   以上が2つ目の理由です。


テニスドクター正徳の想い


   本来、テニスはシンプルな道具を使った簡単なスポーツ。だからこそ、楽しみながら続けていくべきだ
   と私は考えています。

   趣味であれば、なおさらです。

   しかし、現在テニスをされている方の多くは楽しみながら続けるどころか、悩み続けてプレーされている方が
   非常に目立ちます。

   私正徳は、そんな状況になってしまった原因が2つあると思います。

   1つは、テニススクールが指導方法を追及してこなかったことです。もう1つは、情熱の欠落した
   テニスコーチばかりになってしまったこと
です。

   この2つをそれぞれ詳しくお話ししましょう。

   大手のテニススクールなどは、テニスが出来る環境を様々な場所に数多く作るという部分では普及活動を
   しています。

   そういう視点で見ると、素晴らしいです。しかし、店舗の拡大と共にすべきであるはずの指導方法の追及は、
   ほとんど先に進んでいません。

   指導方法が先に進まない理由ですが、3つあります。

   そのうちの1つは、テニス愛好家の方からすると信じられない話しに聞こえてしまうかもしれませんが、
   これは事実ですので、あなたもそれを知ってください。

   まずは、その3つの理由をご覧ください。

テニススクールの実状(その4)

  
1.テニススクールの方針がそこに重きを置いていない

   ある有名な大手のテニススクールの話しですが、新人社員の研修時に社長から「ウチは優秀なコーチは
   いらない。普通のコーチだけが必要である。その理由は、優秀なコーチがその店舗を離れると、一気
   にお客が離れるから。」という話しをされて大変ショックを受けたと、テニススクールの社員から聞かされた
   ことがあります。

   他には、契約社員だったころに、あるヘッドコーチと話しをした時のことです。

   「ヘッドコーチはどうしてお客様のレベルアップをさせる能力があるのに、そういうレッスンをしないの
   ですか?」と私が聞いたところ、「それだと、俺のところにばかり人が集まってしまって、他のコーチが
   困ることになるだろ!だから、上に立つようになると、わざと周りのレベルに合わせたレッスンをする
   んだよ。」と言われたことがあり、それに驚愕したのを今でもハッキリと覚えています。

    2.優秀な人間ほどテニススクールの経営に回ってしまう

   基本的に大手のテニススクールはもちろんのこと、小規模のテニススクールは、評判のよいレッスン
   をする優秀な人間ほど経営側に回ろうとします。理由は将来を考えると、人を動かす側に回ることが
   得策と考えるからです。この行動自体は問題ではありません。しかし、スクール設立や経営を維持するの
   は大変なのでしょう。経営者になると、「1人1人のお客様の満足度を上げるためにどうしたらいいか?」を
   追及することよりも、社員に支払う給料の確保や待遇の向上、施設の維持のために、スクールの利益を
   確保することが最優先の課題。レッスン現場をよりよく出来る優秀なはずの人間がスクール経営の立場
   に回ってしまうと、結果として、レッスンのアイデアやアレンジ提案が出来る人材が、レッスンの現場から
   離れていく現象がおこるのです。つまり、お客様の為にと指導方法のアレンジや新しいメニューを追及
   することが出来なくなります。

    3.新しい指導方法を取り入れると 、今までの指導方法は何だったのか?という
     お客様が少なからず現れてしまう


   テニススクールに通う全ての人たちが素直で、且つ心優しいということであれば、もしかしたら指導
   方法も新しくなっていたかもしれません。ですが、テニススクールに通う全ての人たちが新しい指導
   方法に賛同するかと言われると、全員が必ずしも賛同することはまず有りえません。むしろ、「今まで
   信じてついてきたのに、その指導方法は間違っていた!?それなら今まで払ってきたお金を返せ。」
   という方や、テニススクールやテニスコーチに対して不信感を持つ方たちも少なからず現れてしまう
   のです。そのため、今までの指導方法の根本を正すことはテニススクールにとって、かなりのリスクを取る
   必要が出てきてしまいます。


   この3つがテニススクールが指導方法を追及できない理由です。

   このような形となっているため、その指導方法に疑問を持ったテニスコーチがフリーで活動を始めたり、
   小さいテニススクールを立ち上げたりし始めたのです。

   次に、もう1つの原因である「情熱の欠落したテニスコーチばかりになってしまった」部分を説明します。

   これも先ほどと同様、3つの理由があります。

テニススクールの実状(その5)

   1.素晴らしい指導者がテニススクールにいない

   テニスへ情熱を持っているのはもちろんのこと、テニスやレッスンの技術、お客様へのコミュニケー
   ション能力、事務作業能力など、全てにおいて尊敬される指導者がテニススクールにはほとんど
   いません。


   つまり、目標と出来る指導者がいないのです。それにより、そこで働くテニスコーチたちもテニスへの
   情熱を次第に失っていってしまうのです。


   2.指導方法を追及している時間や費用がない

   テニスコーチは、日々の業務に追われています。これはテニススクールだけでなく、フリーのテニス
   コーチにも同じことが言えます。それにより、更に練習や勉強をすれば疲れるし、それだけ時間も
   とられることに
なると考えます。そうすると、業務に支障をきたすからという理由で、テニスや指導
   力の向上を諦めてしまう
のです。そして、学ぶことに費用をかけたとしても、それが返ってくるという
   保証がないだけでなく、それにより生活が苦しくなります。
そうまでして、それらを学びたいと思う
    テニスコーチは少ないのです。


   3.指導方法を追及したところで給料に反映されないので、追及しようとも思わなくなる

   お客様にとって良い指導をしたいという想いから指導法を追及するとなると、多大な時間や労力、
   費用が必要となります。
テニススクールの社員になった当初は無償でそれを頑張っていたテニスコーチも
   実際にいる話しを聞いたこともあります。けれど、そこに多大な時間や労力、費用を注ぎこんでも給料に
   全く反映されないことが原因で、次第にその努力がバカバカしいと感じるようになり、その行為を
   しなくなった
とのことでした。


   このようなことが、テニス界には起きているのです。これは紛れもない事実です。とは言うものの、これを
   正直にお話しすることに対しての迷いもありました。

   例えるなら、今の小林正徳という一本の木が出来上がる過程の中でも、テニススクールでのコーチ時代に
   経験したさまざまな事柄は、私という木が成長する際に不可欠な大事な土壌や養分になっているからです。

   また、テニススクールにコーチの立場で身を置かせていただいたおかげで、多くのテニスコーチ陣から色々
   なことを学ばせてもらいました。
   
   本当に感謝しています。

   そういう部分から考えると、私がすべきことは今までお世話になったテニススクールやテニスコーチに対して
   感謝をし続けることであって、とやかく言うことではないのかもしれません。

   私が上記のことをお伝えすることにより、テニススクールやテニスコーチを批判しているように思われて
   しまうかもしれませんね。

   どこかのスクールの関係者から営業妨害だとクレームがつくかもしれません。

   けれど、私はテニスを上達させて本気で楽しもうと思う方たちだけには、どうしても知って欲しかった
   のです。

   もし、今現在の日本にあるテニススクールが、生徒であるお客さんを上達させるのをスクール経営テーマの
   最優先に掲げて、スクールをはじめテニスコーチ全員で日々技術向上や勉強に取り組むのがテニス愛好家
   を取り巻く環境であったら、このサイト自体の設立に至らなかったでしょう。
   
   「とにかくスクールに通えばテニス上達の悩みはなくなる」という常識がテニス愛好者の中で、できていた
   かもしれません。

   もし、あなたがどこかのスクール経営者やコーチ、生徒さんだとします。私が挙げてきた問題点や課題点を
   全てクリアしており、レッスンに参加する生徒さん全員が短時間で上達していく・・・このような環境のテニス
   スクールにいらっしゃるのならば、ぜひ声を大にして日本中のテニススクール、テニスコーチ、テニス愛好家
   にそのスクール名を教えて欲しいです。私も喜んで体感しに行かせてもらいますし、私がコーチをしている
   生徒さんにも紹介するかもしれません。
   
   むしろ、テニス上達に悩むテニス愛好家を取り巻くテニススクールの事実を私が伝えることをきっかけとし、
   日本中のテニススクールやテニスコーチが“お客様のために大切にすることは何なのか?”を、改めて
   考えてアクションを起こしてもらえたら嬉しいです。

   とは言うものの、テニススクールやテニスコーチが変わるまでには、多大な時間がかかることでしょう。

   時間がかかればかかるほど、テニスの悩みで苦しむ愛好家が増え続けます。そんな状態を待つことは、
   私にはもう出来ません。
   
   悩みを解決できなくて困っているテニス愛好家を本気で救いたいのです。

   それが、このテニス相談.comを立ち上げることを決意させた3つ目の理由です。

   なお、設立時より現在に至るまで、C2Sのエグゼクティブプロデューサー兼元 知大氏と契約をし、アドバイスを
   いただいています。

   補足になりますが、兼元氏とは私のテニスレッスンで知り合いました。何度もレッスンにお越しになり、お話を
   色々としていく中で、私のコーチ能力、私の持つテニス理論、私が考えるお客様への想いに深く共感くださり
   ました。

   兼元氏をはじめとし、私に共感を寄せてくださるお客様、熱いボールで叱咤激励くださる師の丸山 薫氏、
   応援してくれる家族にも感謝しています。

   これからもテニス相談.comを通じて、1人でも多くの悩むテニス愛好家の方々を笑顔にするために、
   頑張っていきたいと思います。



< ③Who is 小林 正徳?    ⑤テニス相談.comの目標、ミッション >

                                                       
                                                        1Dayクリニックはこちら!

l ホーム l 初めての方へ l Who is 小林 正徳? l お悩み回答集 l お客様の声 l 教材・クリニック l 相談・お問い合わせ l
テニス相談.comロゴ
~悩みを克服する歓びをあなたへ~
Copyright c2010-2017 tennis-soudan.com All rights reserved.